脱毛サロンで感じた不満点

脱毛サロンで不満に感じたことがあります。それは、いつでも目隠しをされるという点です。大体の脱毛サロンでは、光レーザーが主流なので、完璧に目隠しのタオルをされます。そして、そのタオルの上にサングラスも装着されます。全く何をしてるのかも分からない状態で施術されます。もちろん、目に直接レーザー光が入ると身体に良く無いし、失明の恐れもあるので当たり前の措置です。しかし、お客様目線だとサロンスタッフの方々がどのようにして施術してるか、どのようなサロングッズを使用して、どのくらいの量を使用してるかなど興味深い事が沢山あります。

実際に施術中だと身体の触られた部分が全てなので、想像力でカバーするしかありません。このくらいの量のクリームを使って伸ばしてるなとか手袋はして無い感触だなと想像が頼りになってます。お客様が見ることの出来ない状態だとサロンスタッフとしては、怠けるのでは無いかという疑念もあるので、見たいと言うのが本音です。丹精込めて施術してるのかどうかも感触よりもしっかりと目で見た方がより分かることも多いと思います。

いつか目隠しなしで施術出来る脱毛サロンが出来ると信じてます。間違えなく、その素晴らしい脱毛サロンに通うことになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です