脱毛サロンで感じた不満点

脱毛サロンで不満に感じたことがあります。それは、いつでも目隠しをされるという点です。大体の脱毛サロンでは、光レーザーが主流なので、完璧に目隠しのタオルをされます。そして、そのタオルの上にサングラスも装着されます。全く何をしてるのかも分からない状態で施術されます。もちろん、目に直接レーザー光が入ると身体に良く無いし、失明の恐れもあるので当たり前の措置です。しかし、お客様目線だとサロンスタッフの方々がどのようにして施術してるか、どのようなサロングッズを使用して、どのくらいの量を使用してるかなど興味深い事が沢山あります。

実際に施術中だと身体の触られた部分が全てなので、想像力でカバーするしかありません。このくらいの量のクリームを使って伸ばしてるなとか手袋はして無い感触だなと想像が頼りになってます。お客様が見ることの出来ない状態だとサロンスタッフとしては、怠けるのでは無いかという疑念もあるので、見たいと言うのが本音です。丹精込めて施術してるのかどうかも感触よりもしっかりと目で見た方がより分かることも多いと思います。

いつか目隠しなしで施術出来る脱毛サロンが出来ると信じてます。間違えなく、その素晴らしい脱毛サロンに通うことになると思います。

脱毛するお店選びの大変さ

脱毛するのにお店選びは重要です。私の重要なポイントとしては、まずは値段です。綺麗になりたくても、貧乏になっては心が汚くなります。その次には、痛みがあるかどうかです。痛みがあると続けることが不可能です。通えることも考えたら、痛みは耐えられるレベルのとこを選ぼうと思い、体験脱毛をして色々なお店を体験しました。

そして、勧誘がしつこく無いことも重要にしてました。この部分も気になるので追加していこうとする人は、不信感しか抱きません。なるべくお客様目線で契約を見積もってくれるかどうかを吟味します。私が最終的に決め手となったのは、勧誘を強要しないと決めている脱毛サロンに決めました。その中で働いてるサロンスタッフさんも親身になって取り組んでくれまさし、美容に関する意識が高く、信頼関係が生まれました。いつどんな人に対応されても標準的な技術にブレは無いと思えて安心できるサロンだなと思いました。

お店選びで迷ってる時は、何を重要にするから紙に書いてサロンスタッフさんに渡して計画的な脱毛を目指してました。結局、部分的な脱毛から始めたのに全身脱毛に切り替えて、もったい無い事になったということが無いようにしたいと思いました。

針脱毛は痛みはあっても、効果は絶大

高校生くらいになって、自分に生えているあちらこちらのムダ毛が気になり始めて来ました。自分でカミソリを使って剃ったり、脱毛クリームで処理をしていました。その時はきれいになっても、また1週間位経って来ると生えて来てしまうので、夏はどうしても肌を見せるため、本当に神経を使ってムダ毛処理に翻弄させられました。社会人になり収入を得られるようになったので、自己処理も面倒臭いから脱毛エステに通うことにしました。 私が最も気にしていたムダ毛の場所が脇だったので、とりあえずまずここからやって行こうと決めました。どうせなら、せめて脇くらいは永久的にムダ毛が生えて来て欲しくなかったので、針脱毛と言う施術方法を選びました。針脱毛と聞いただけで、何だか痛そうなイメージがあるかも知れませんが、確かに他の脱毛方法からすると痛みは伴います。毛根部分に医療用の針を刺して行き、その場所に電気を通します。そしてピンセットを使って毛を丁寧に抜きます。施術中は痛くて涙が出たこともありましたが、副作用もなくて最も安全性が高くて、永久脱毛と名乗ることが出来る手法のようです。おかげで、自己処理はしなくて良いしとても楽になりました。痛みはあってもその分の見返りがあるので、脱毛エステで針脱毛をして良かったと思っています。